アカデミアヘルメティカ 価値創造社会のクリエイティブクラス 新しい時代を創る人々の潜在能力を開放し、本来の天才性を開花させる学習教育機関 Academia-Hermetica

アカデミア ヘルメティカ Academia-Hermetica

アカデミア ヘルメティカの理念及び宣言書

アカデミア・ヘルメティカは現代の『神話』を仲間と共に創造します。

一つの神話は、大多数の人々に共有された時、はじめて現実(歴史)となります。

2013年以降、世の中は、
想像よりも現実の方がより速く展開する世界に入りつつあります。

そうです、この世界は量子的に大きく揺らぎはじめたのです。

私たちはこの共通認識により、今までは空想の産物でしかなかった理念を、
あり得ない速度で、次々と現実に展開する事が可能となります。

それは、神話が過去のものではなく、未来に語られるものでもなく、
「今ココ」で自分達が参加する現在進行形の物語なのだという事を、
私たちの姿を通して、全世界の人々に知らしめていく事になるでしょう。

宇宙に衝撃を与え、地球に衝動を起こす集団

それこそが、アカデミア・ヘルメティカの存在意義であり使命です。

 

☆アカデミア・ヘルメティカ憲章☆

hermetica-charter

 

1.アカデミアヘルメティカは、新しい宇宙(価値)を創造する。

アカデミアヘルメティカは、一人一人が本来『神(クリエーター)』であるという認識のもと、新しい価値を産み出す意志と情熱をもって、「競争」ではなく「協創(Co-Creation)」、すなわち古事記の神々がそれぞれのもっている才能を発揮し、お互いに協力して「天の岩戸開き」をおこなったように、才能の異種結合と高い抽象度による視点融合による価値創造により、人々の幸福と世界の繁栄、宇宙の進化と調和に貢献することを大儀(ゴール)とする。

参加資格は「新しい宇宙を創造する意志を持つ者」であれば、出身星、国籍、民族、人種、宗教、性別、年齢、職業は一切問わない。

2.アカデミアヘルメティカのビジョン

アカデミアヘルメティカは、古今東西の人類が連綿と紡ぎ上げてきた叡智を探求し、それを現代のテクノロジーと融合するための体系化をおこなうと共に、各人の個性と能力、輝きを秘めたる潜在する才能を見出し、新時代の天才を育てる厚き情熱と魂を持った講師陣と、才能をいかんなく解き放ち、自らと仲間の可能性を開き、新しい価値を産み出して、日本と世界と宇宙に貢献する天才達のための総合学習教育機関である。そこでは百花繚乱の如く、あらゆる花々が咲き乱れる花壇のような大きな器を持った土壌が造られ、真の秩序に基づく自由と寛容の精神で、あらゆる個性と才能が融合する徹底したエネルギー最適化の磁場(フィールド)を形成し、高度なクリエイティブクラスによって、人材、技術、発明、製品、サービス、芸術作品、問題解決法などを次々と産み出し、様々な新価値を創出する。そして、その絢爛たる花々を世界中の人々に観てもらうために、自由に交換できる貿易港(プラットホーム)を開港し、産み出された価値を、より多くの人々に受け入れやすく、わかりやすく、届きやすく改良加工し、その時代時代の最先端の技術とマーケティングで全世界に向けて発信、流通させる事によって、新たな顧客と市場を創造し、繁栄を創り出すための巨大なインフラとなるのがイラクリオン及びグローバルレイラインである。

3.黄金の国ジパングの実現と文化の継承

よって我らの目的は、古来より受け継がれた叡智を継承しつつ、さらにそれを洗練させた新しい時代と文化を構想し、その来るべき未来を世の人々に認識させ、支持させるだけのリーダシップを発揮する事で、発展繁栄・進歩のエネルギーと、慈悲・共感・調和のエネルギーという陰陽が見事に融合した社会を実現し、東洋文明と西洋文明が最終的に交じわるこの日本を発信基地とした新しいルネッサンスの潮流を世界に知らしめす事により、真の意味での『黄金の国ジパング』としての誇り高い活動を、自由と寛容の精神文化と共に、後世への最大遺物として次世代に継承する。

4.真の叡智(ヌース)と真の仲間(マスターマインド)

アカデミアヘルメティカは表面的な学問ではなく、真智を探求し、愛深き賢者になるべく自己研鑽を重ねていく者達の集団である。そのためには人間にとって、より抽象度の高い本質的な宇宙観、哲学観、思想観、世界観を基礎とした根源的、総合的学問が必要となる。これらの土壌の上にこそ、真に世の為、人の為になる公的天才性が華麗に花開くと信ずるものである。これからの時代は、ただ単に頭が良いだけでは尊敬されない。個人の金銭の多寡や地位や名誉なども重要視されない。これからは個人にどれだけの知識や才能があるかということが大事なのではなく、個人が所属する『コミュニティにどこまで智慧と才能と体験の集積があるか』がより重要になる。これからの世界は少数のカリスマや一握りの天才に頼ることなく、多くの人の才智を集めていかなければ、とうてい時代の要請に応えきれない。日本の神話にあるように、様々な才能(神々)の叡智を集めてこそ、新しき時代の太陽(天の岩戸開き)が昇るのである。

アカデミアヘルメティカは、人間の持つ本来の自由性と創造性を奪う現在の様々なシステムに対しては常に警戒感と正当な疑問を抱き、より本質に近く道理に適ったシンプルな方法論を追求する。当然社会的なバランスを取るよう努めながらも、内部では常に「悪しき常識や慣習」「安易に空気に流される大衆」「陳腐で硬直化した社会」のカウンターカルチャーとして存在するべく活動する。

個人においても、極力タブーを排し、仲間同士が積極的に自分の思いや考えを語り、心底本心から夢や情熱を共有できる場を常に意識する。各人の心の奥底に秘めたる本音を正直に素直に語れない仲間など、本当に仲間だと言えるだろうか?
真の秩序と真の自由は同義一体であるという考えのもと、これまでの二項対立的価値観を乗り越え、より抽象性を高め、馴れ合いの「予定調和」ではなく、道理に基づいた「超自然調和」を目指すのがアカデミアヘルメティカの信条である。

5.教える者は学び、学んだ者は教える人となる

アカデミアヘルメティカは、各人の特質に合わせた適切な学習方法を探求し続け、効果的にインプットとアウトプットを繰り返すことによって常にブラッシュアップをおこない、お互いが循環的に学び合い教育し合う関係を築き、老若男女問わず、教師が生徒となり、生徒が教師となることにより、各人が関心の領域を拡げ、あらゆる分野での幅広い教養を身につけ、常に成長進化し続ける存在として活動することを旨とする。

6.常に時代のイノベーターたれ!

宇宙は、個人に対しても世界に対しても、常に変化、進化することを我々に要請する。すなわち、この世界の本質は諸行無常、生々流転であり、常に変化し続ける存在である。よって我々は、積極的に固定観念を捨て去り、意図的に創造的破壊を繰り返し、常に時代や世界の変化の潮流を見極め、それを進化の最大のチャンスと変える勇気を持つこと、また、自分と他人の人生や物事を、単に一側面ではなく、あらゆる視点、観点から多角的に俯瞰できる眼とセンスを養うことを旨とする。

今後は、目には見えない感性や本音、直感の領域が付加価値となり、世界や物事の本質を見抜く「センス」を高めることが、社会や組織を硬直化、停滞化、コモディティ(均質)化させないための方法の1つになる。 特に10代~20代前半の時期に、このような「センスの良い仲間」がたくさんいる環境で過ごすことは、なにものにも代え難い有形無形の財産になることだろう。

7.天才(才能)は最大の資源である

これからの時代、天才性は最大の資源となる。かつての貴族のように、ごく一部の人々の装飾や贅沢にすぎなかった「知識」を、マネジメントによって生産的な「資源」に変えたように、天才性をごく一部のものから、真に生産性をもつ資源に変えていくことが急務となってくる。
マネジメントの登場によって、肉体労働者であるプロレタリア階級がその後知的労働者としてブルジョア化していったように、天才性や才能が新しいエネルギー資源として生産性をもつようになる社会がポスト知識情報社会、すなわち価値創造社会である。 これまでの情報社会では、知識や情報が投資の対象となっていたが、来るべき創造社会では、価値を産み出す天才性や才能が新たな資源であり、投資の対象となる。

アカデミアヘルメティカの目的の一つは、人の才能(天才性)を価値に変換(置換)するということである。これはいってみれば「E=mc2」というエネルギー物理法則の「人間」における応用である。アインシュタインの「物質はエネルギーに変換できる」という原理を「同じようにエネルギーは物質に変換できる」というエネルギー等価法則を人に応用して、その人それぞれがもっているところの「エネルギー(才能)」を最適化して「粒子=物質(価値)」に置き換えようという考えである。これは近年研究されている物理次元に跨る情報場にアクセスし、情報そのものからエネルギーを取り出す技術と同じメカニズムである。
実際にプルトニウムやウランの原子があれほどのエネルギーを解放することを考えれば、人間一人一人に秘められたエネルギーはいったいどれほどの力を秘めているのだろうか…

かつて中世の時代、ヘルメス・トートの神(ヘルメス・トリスメギュストス)は「錬金術の神」として、当時の神秘主義者や錬金術師たちから崇拝を受けていたという。当時の錬金術者(ふいご吹き)たちは、卑金属である「鉛」を、貴金属の「黄金」に変化させようと、真剣に様々な研究をしていたが、それとは別に、真のアデプト(Adept=目覚めたる者)たちの関心はまったく別の秘技にあったといわれる。それがこの「魂のエネルギー最適化置換」であり、現代のヘルメス主義者による「真の意味での錬金術」といえるだろう。

下にあるものは上にあるものの如く
上にあるものは下にあるものの如く
まるで それは
一つのものであるかのように
様々な奇跡を成し遂げる

そして すべてが
この根源なるものによって成り立ち
この根源なる力の調和と順応によって
万物は創造された

その父は太陽であり その母は月である
大地はそれを育む乳母であり 風はそれを胎内に運ぶ

それはこの世界 すべての創造の始源である

(エメラルドタブレット)

ships-captain

 

 

 

 

 

更新日:

Copyright© アカデミア ヘルメティカ Academia-Hermetica , 2018 All Rights Reserved.